バナー

WEB会議のエコーに困ったらスピーカーを見直す

WEB会議と言っても、色々ですが普通に電話で話をしているときと違って、エコーが起こる事があります。

相手の話している声が少し遅れたこだまの様な声と重なって聞きづらくなる事です。

また自分の声を拾ってしまうハウリングという事も起こります。

口コミ評判の高いlivedoorニュースの分かりやすい情報はこちらです。

WEB会議というよりもスピーカーフォンで話をしているときに起こる現象で、相手のスピーカーで再生された声を相手のマイクで拾ってしまい少し遅れてスピーカーから再生してしまう現象で、まさにこだまのようなものです。



これが起こるととても聞きづらく話しづらい物です。これを防ぐにはWEB会議に参加している人がすべてヘッドセットを使えば良いわけですが、それもなんとなく物々しいし、面倒でもあります。

また音漏れがあれば完全には止まりません。


そこでエコーキャンセラーという方法で少し遅れた同じ音を再生しない事も出来ます。
これは良さそうですが、実際には話しはじめが聞こえないというようなことも起こる事があり、万能ではありません。



しかしこれがWEB会議向けとしては一番現実的でしょう。その上でスピーカーの音をマイクが拾いにくいように配置を工夫するとか、指向性のあるマイク、スピーカーを使うなども効果的です。


ノートPCなど特に配慮のない内臓のものを使っている場合に最も起こりやすいので、専用の外部マイクなどを指向性などを配慮して設置するのが一番良いでしょう。

最近は一体型の簡単な物でも効果的なものがありますので新製品のチェックも重要です。